頬に手を当てる人

アイクリームを使って若々しい目元をゲット|有効アンチエイジング術

目元環境を改善するコスメ

容器

乾燥しやすい目元

目元の皮膚は顔の皮膚の3分の1の薄さしかなく、ティッシュ1枚分よりも薄い皮膚で出来ています。また皮脂分泌が少ないため皮脂膜が出来にくく、最も乾燥しやすい部位となります。ですからこの乾燥を防ぐためのアイクリームが必要となるのです。アイクリームは乾燥を防ぐためのものなので乾燥を防ぐ保湿成分を多く含むものが望まれます。優秀な保湿成分といえばセラミドが有名ですが、他にもヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸、レシチンなどがあります。そしてアイクリームの乾燥を防ぐ作用によって目元のくすみやくま、シワの改善効果が期待できます。また目元は乾燥しやすいためバリア機能が低下し刺激に敏感になっている傾向があります。ですからアイクリームはできるだけ添加物を含まず刺激が少ないものがよいと考えられます。

コスメを選ぶ時の基準

パソコンなど目を酷使することが多いと目の周辺の血行が悪化してくすみやくまが出来やすい環境となってしまいます。そのためプラセンタエキスのような血行改善効果を持つ成分が配合されているアイクリームを選ぶとくすみやくま対策によいとされています。また目元の悩みの一つであるシワにはちりめんジワと小ジワがありますが、シワができている部位が違い対策も異なってきます。ちりめんジワは皮膚の表面にでき、お肌の乾燥とターンオーバーの乱れによって生じます。ですから保湿成分だけでなく、ワセリンなど皮膚表面の水分を保持する効果を持つ成分が配合されたアイクリームがお勧めです。一方、小ジワは皮膚の内部の乾燥や弾力の低下によって生じます。そしてこれらはコラーゲンの減少と紫外線によるお肌の老化が大きな原因になることがわかっています。従ってビタミンCのようなコラーゲン生成を促進する成分や紫外線カット効果が含まれるアイクリームが良いとされています。

目元にアプローチ

目元

目元は特に皮膚が薄いために、力加減には気をつけてアイクリームを馴染ませる必要があり、クリームと一口に言っても、その数も膨大であり、乾燥には保湿力が高いクリームを選ぶなど、テクスチャーから吟味することもポイントです。

もっと詳しく

カサつく肌ケア

化粧水

老若男女問わず、乾燥肌に陥りやすい季節に備えた対策として、スペシャルケアをプラスすることや、顔以上にケア不足になりやすいボディの保湿対策が話題性を集めています。潤いを補うケアが必要で、時短で穏やかな使い心地が年代問わず重要視されています。

もっと詳しく

肌トラブル

鏡を見る女性

乾燥肌への対策としては、保湿が一番です。乾燥肌は肌に水分が不足している証拠なので、水分を逃さぬようにすることが大切です。まずは自分の使用しているケア商品が保湿できるタイプのものかを確認しましょう。そして、肌を洗った後はすぐに保湿をおこない、できる限り水分を逃さぬようにしましょう。

もっと詳しく